公園では「ノーリードが基本」!?~ロンドン


今、日本の都会の犬たちは、窮屈な思いをしていると思います。



公共の場でのリードはもちろんのこと、「公園では犬のリードを放さないこと」と書かれていないほうが珍しいこのごろ。



最近では、リードをつけていても、「犬禁止」という公園も多いですよね・・・・。



特に大型犬では、お散歩や運動が出来ないだけでストレスが溜まることもありますし、問題行動にまで発展してしまうケースも珍しくはありません。



だからこそ、ドッグランが出来たり、犬連れ遠足やキャンプなどが注目されてきているのでしょうね。



東京に負けず劣らずの大都会、ロンドンでの犬事情はどうでしょう。



ロンドンにも、日本同様、沢山の犬たちと飼い主さんが暮らしています。日本よりも大きな犬を飼う人が多いのも事実。



そんな飼い主さんと犬たちの憩いの場。






それは、「公園」です。



この世界有数の大都市には、巨大な公園がいくつかあります。



代表的な公園は、日比谷公園の約10倍の広さのハイド・パーク、



隣接するケンジントン・パーク(パレス)、



バッキンガム宮殿に隣接するセント・ジェームズ・パーク。



北側に位置する、ロンドン市内最大の公園(中に動物園もあります)リージェント・パーク。



そのほか、前回紹介したバタシー・ホーム側のバタシー・パークや



グリーン・パーク、温室と植物園で有名なキュー・ガーデン、



広さ998万?(!)のリッチモンド・パーク・・・・。



「公園(パーク)」ではなく、ちょっとした緑地は「スクゥエア」と呼ばれ、それこそロンドン市内中いたるところに緑が溢れています。






    



 



そして、「公園」に欠かせないのは、「犬」。



今回は、リージェント・パークを紹介します。



公園内では、基本的に犬たちはノーリード!






  






公園の外ではリードをつけて歩いていたコたちも、公園に来たらリードを外すというのは、ロンドンの飼い主さんのパターンのよう。



みんなのびのびと、散策や飼い主さんとの遊びを楽しんでいます。






「基本はノーリード」といいますが、



「うちの子は、他の犬が来ると駆けて行ってしまうときがある」とか



「向こうから、小さい子連れの人が来たから」という場合には



当然飼い主さんはリードをつけます。



時と場合によって、飼い主の判断で、リードをつけたり外したりするのです。






それは全て、飼い主の自己責任の上に成り立っているのです。



「ノーリードは、基本的にしつけと公共マナーが教え込まれていることが前提」



という暗黙の了解があって、実際その通りであるからこそ、



「基本はノーリード」が、愛犬家のみならず、万人に、そして社会的にも認められているのでしょう。









きちんとした公共のマナーを教え、しつけをすることによって、



犬たちがストレス少なく、のびのびと都会で生きていけるということ。









しつけやトレーニングは、犬を束縛するものではなく、



犬に自由を与えるということを、



ロンドンの公園と犬は教えてくれたように思いました。












日本の都会に暮らす犬たちにもいつか、



そんな「自由な日」がくること!



その日を夢見て、頑張りマス★

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する