ありがとう、ルウ~ペットのお墓~

もちろん、そんな日は一日でも早く来て欲しくないものですが
「愛するワンコが亡くなったら・・・・」
そんなことを考えたこと、ありますか?

16歳の天寿を全うした、愛犬「ルウ」は
昨年の8月31日に息をひきとりました。

供養祭4


<16歳のルウちゃん。真っ白です>




命あるもののさだめ、そして人間よりもはるかに短い寿命の動物たち。
お別れは悲しく、辛いことだけれど、
せめて、いままで沢山注いでくれた愛情をカタチに残して感謝したい。
時々は、きちんと向き合って偲びたい・・・・

そう思って、ペットの葬儀屋さん「日本ペットセレモ」にお願いし
素晴らしい葬儀までおこなってもらったのでした。

あれからもう、すっかり月日は流れて
けれど、ふっとした拍子に、ルウとの日々やそのまなざしを思い出します。


今日は、ペットセレモでの「合同供養祭」でした。

この葬儀屋さんでは、お葬式だけではなく
このたび新しく、小さな「ペット霊園」を始めたとのことで、
早速ルウのお墓を作っていただき、
この供養祭で初お目見えだったのです。


合同供養祭には、沢山の方がいらっしゃっていました。
みなさん、色とりどりのお花や
ペットたちが生前好きだったおやつやフード、おもちゃを持ってきて
慰霊碑の前に置かれていました。


供養祭3



<ペットの慰霊碑>




お坊さんがお経と説教をしてくださる間、
目頭を押さえる方や、真剣にお祈りをする方も多く見られ、
「ああ、本当に皆さんがペットを愛する気持ちは家族と変らないんだ
みんな、とっても愛されていたんだなあ・・・」と
なんだかこちらのココロも暖かく、「うるっ・・・」っとなりました。


それにしても、驚いたのはその墓石!
墓石には色々なタイプがあって、
希望をすると墓石の表面に、ペットの写真をモノクロで彫り、
メッセージを入れてくれるのです。

「せっかくだから」と
お気に入りのポーズの写真と、
「ありがとう、ルウ」というメッセージを入れてもらうことにしました。


供養祭








近づいてみると・・・・
供養祭2







カメラの性能により、ちょっと近づくと画像がヘンですが
ホンモノはすご~く綺麗にできています!!
まるで写真みたいで、感動してしまいました~
ある意味、写真よりも雰囲気が出ていて、
ここでまた、「うるっ・・・・」(笑)



今日はお天気も良く、いっぱいのお花に囲まれたルウちゃん、
天国で喜んでいるといいな・・・・



愛犬に「もしも」の事があったとき、安心・信頼して相談できる葬儀屋さんです。
人間のお葬式のエキスパートでいらしたスタッフさんが多く、
とっても親切にしてくれました。
くわしくはこちらから・・・・

「日本ペットセレモ」
http://www.petceremo.com/
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する